臘八接心最終日 法話 

2016年度 臘八接心最終日 山口道長の法話です。

不生不滅という題名です。

多くの老師が、生と死は別物であり、繰り返すと説いていますが、

「生と死は別物ではない。相互作用するものである」、と山口道長はお話されます。

道長自身が40年をかけて体得してきた太極拳の理(開中合、合中開)にあてはめるとよくわかるところであり、生と死は同一物であるということが語られております。

そして、山口道長は、相互作用されるものであるという内容をもって安心し、次に命、智慧、慈悲を体感することこそが大切であると話されております。

以下、音声の形でアップしております。

一部

 

二部