2013年 元旦の思い出 

道長が、年末年始、ご実家の奈良に行ってきた際の写真をこちらから見ることができます。 写真は、写真にカーソルを合わせると矢印が出てきますので、それをクリックして次の写真に進んでください。

1.御来光 写真      http://yahoo.jp/pXeTAl

スライドショー http://yahoo.jp/cMvkoM

2.仏教伝来地 写真        http://yahoo.jp/9u6bHf

スライドショー http://yahoo.jp/JhdObn

3.出家前のご実家 写真        http://yahoo.jp/anHYCQ

スライドショー  http://yahoo.jp/EitjYE

4.神社 写真        http://yahoo.jp/v8yM1u

スライドショー  http://yahoo.jp/1wIICk

道長は、元日、ご来光に導かれるように、川べりを歩いていったそうです。

そして、初日の出を見たその場は、なんと仏教伝来の地の すぐそばであったそうです。 ご実家から500mくらいのところだそうでした。

また、子どものときに住んでいた実家は、すでに廃墟となって取り壊される寸前でした。 そのため、一昨年、大野田さんが、 写真を撮ったときのように荷物が散乱しておらず、 道長の部屋の中のベニヤ板に書かれた文字のすべてが写真におさめることができました。 出家前、そのすべての字を塗りつぶされたそうですが、今一度写真に撮って見ると、 その文字がかすかに読み取れて、道長の出家前の決意がにじみ出ております。

とりわけ、 「男子志を立てて~   」は、部屋を出る前に走り書きされた言葉だそうです。 ゆえに消さずに残っています。 最後の3時6分 の記載は、臨場感があふれてすごみがあります。

自叙伝にもあるように、ある時期、道長は、ご自分で宗教を作ろうとされた 5つの言葉は、塗りつぶされて、道長もすでに記憶にないということでしたが、 今回、写真に撮って 念、 信、 勇、 大、 心 と読むことができました。 「どのような気持ちでこの5つの言葉を選んだのか~、」と道長は感慨深げ におっしゃっておりました。 普元